読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24歳女、どう生きれば。

1993年生まれが普段考えていることを、独断と偏見で書いてます。

家庭の話を嫌がる人と、学生時代の話を嫌がる人。

私はBARで働いていた間、家庭の話をひた隠しにしていた。

差し障りない程度の話はしておかなければ不自然だし、何よりお客様との親密度が上がらない。

勤めて1年半の間は私の口から両親が離婚している話すらしなかった。

 

このご時世、離婚は珍しくもないので、仲のいいお客様には話しましたし、BARを辞めてもお会いする方には話す機会があればお話するようになりました。

そうする事でお客様のご家庭の話を伺うことができるのです。

お客様のご家庭の話なんて興味ないのですが、親近感が湧き、新密度が上がるのでそのためだけに話しています。

 

そうして、お客様と深くお付き合いしていく中でいろんな人がいるんだなぁと思う出来事がありました。

 

お客様Aと食事をしていた時に家庭環境の話をしたのですが、私はすごく気分が悪かったです。

というのも彼は家庭の話はいくらでもできるので自分の話をした後、私にそれと同じだけを求めてこられました。

「うらんちゃんの家ってどんな感じなの?」と。

私は、彼の好意に気付いていて、それに多少なりとも応えたいと思っていましたから話したいとも思いましたが、言いたくない気持ちが強かったのです。

それだけ、まだ彼に心を開いていないということなのですがそれ以上に、人が話せることは人それぞれである、と感じました。だから、放っておいてほしい、と。

言うか言うまいか悩んで黙っていると「無理して言わなくてもいいよ」と言ってくれたのですが、家庭の話を隠す人ってめっちゃ闇深そうに見えませんか?

『ここで言わなければこの後確実に空気が重たくなる』って誰もが思いますよね。

だから結果としては話したのですが、言うまでの沈黙と言っている間が凄く気持ち悪かったんです。

 

その代わりというわけではありませんが、私は学生時代の話はペラペラ話します。

中学生の頃はパリピ系のやんちゃな生徒だったので、先生に目をつけられていましたし、勉強できないことがステータスでした。

お客様Aに家庭環境を話した後の別の日にそういった話をしたら、凄いねと言われたのです。

「僕は学生時代、勉強しないしできなかったからあまり言いたくないんだ。そうやって話せて凄いね」と。

お客様Aは、ありがたい事に私に好意を寄せてくださっていたので、そうは言いながらも自身の学生時代の事を話してくださいました。

しかし私が家庭環境の話を彼にした時、すごく嫌な気分になっていたので、私から「あなたの学生時代はどうだったの」なんて質問をしませんでした。

 

人の「勉強できない、してこなかった」は本人の価値観の問題なので、どの程度かわかりませんが、お客様Aは勉強できなかった・しなかった事をコンプレックスに思っているようでした。

 

どうやら人に話したくないことというのは自覚無自覚に関わらず、コンプレックスに思っていることのようです。

 

人によっては家庭環境も学生時代も隠さず誰にでも言える方がいらっしゃいます。

今回の私とお客様Aのように、どちらかを言いたくないと思っている方もいらっしゃるでしょう。

これは、話せるからどう、話せないからどう、という話ではございません。

そういう方がいるという事を頭の片隅にでも置いておかねばならない、という話です。

 

 

そうして、お客様Aとお話をした後のことです。

お客様Bに私の家庭環境を話した時は、どんな流れだったか忘れましたが私から話しました。

お客様Aに話した内容よりもずっと深く話していました。

お客様AもBも家庭環境は似たようなものなので、相手の家庭環境に合わせて私の話をしたわけではないようです。

お客様Bと食事していた時、「Bさんって家庭環境が複雑じゃないですか。だから一緒にいると楽なんですよ」とクソ発言をしてしまったのですが、私はその理由を言わなかったし、彼も理由を訊かず苦笑していただけでした。

たぶん彼はわかっていたんです、複雑な家の人間の心情を。

そして、複雑な家の人間の話を聞く周りの反応を。

(もしくは私にまったく興味がなかったか)

だからとは言いませんが、少なからずそこで訊いてこなかった事は私にとって心地良かったのです。

お客様Bに深く話せたのは、そういった部分が(無意識かもしれませんが)出来ていたからなのだと思います。

 

 

≪話せる人≫からすればなんてことない質問なんです、「あなたはどうなの?」って。

この質問は『もっとあなたを知りたい』という思いがあるからですし。(例外はありますが)

でも、≪話せない人≫からすれば拷問に近いということを、理解していただきたい。

 

話したかったら自分から話します。

特に好きな人には話したいタイミングがあれば話すんです。

 

これを読んでいるあなたがもし自分の話をして、相手が頷いているだけなら

「この話について自分の話はしたくないんだな」と思っていてください。

「あなたは?」と質問しないであげてください。

話したくなったら話しますから、待っていてあげてください。

 

私は、お客様Aの拷問のような質問を2ヶ月も前の事なのに、いまだに思い出すと気分悪くなってしまいますから。