読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24歳女、どう生きれば。

1993年生まれが普段考えていることを、独断と偏見で書いてます。

女が仕事で使える資格を取得する理由

私は最近、資格取得のため勉強に勤しんでいる。

仕事に必要なものを勉強していて、その延長線上に資格取得がある。

資格を取得できると、「私はコレをこの程度できます」と明言できる。

今まで、仕事で使える程度に学べたらそれでいいと思っていたが

転職を考えるようになり、資格を持っていないと能力があっても資格欄は空欄。

どれだけ能力があってもそれをすべて面接で伝える事は無理だ。

そして、資格取得できない程度の中途半端な勉強しかしていない事も気になりだしたのだ。

 

しかし、それが一体何に役立つと言うのだ。

どれだけ頑張って勉強をし、資格取得していったとしても

その資格を持っている人が日本だけでもどれだけの人数いるのだろう。

履歴書上の資格欄なんて学歴欄と同じなわけだし。

その学校を入学し卒業できる程度には勉強した、ということを端的に明言するために学校があると思えば何ら変わらない。

一体、私は誰で何者なのだろう、とわからなくなってしまった。

不思議の国のアリスのように「Who are you?」と質問されて

名前や取得した資格の名前を言うのが、≪私≫なのだろうか。


 

特に女性はどれだけ頑張っても

結婚・妊娠・出産・子育て

が待っている可能性が高い。

それが終わればまた働けばいいだけの話なのだが

そうして休んでいる間、同じキャリアだった男性に抜かれてしまう。それだけの空白がある。

つまり、女性はどれだけ頑張っても一定以上いけないのではないか。

 

ここからは私個人に当てはめてみる。

私は今結婚願望も特になく、仕事で認められるような人になりたいと思っている。

今の職場ももうすぐ8年目だし。

けれど、現実を考えると

私の性格上、1人で暮らしていけないのだ。

寂しがりで甘えたな私が1人でいられるわけがない。

いつかは結婚したいな、と思っている。

となるとやはり、今私がどれだけ勉強したところでそれが役立ち続けるとは思いにくい。

 

しかし、残念ながら、結婚できる相手もいない私は

1人で暮らしていけるだけの能力を持っていなければならない。

それに、結婚したところでその相手が家族を養えるだけの力を持ち続けるとも限らない。

このご時世、いつどんな会社が潰れるとも知れない。

今はシングルマザーも多く、私も離婚するなんて事も考えられる。

現実を見ると、こんなにも資格取得する必要のある理由が多い世界だ。

 

幸か不幸か私は10代から働いているから、仕事で使う資格を取得し続けている。

何が必要で何が不必要(今のところ)か、把握できているしそれなりに勉強もできている。

キャリアウーマンには成れずとも、仕事をする女性でいられる私になっておく必要が、この年齢からあるようだ。